読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆかのんかズよみごと!!

読んだこと見たことを思い出したらお知らせします。

「今日読んだ本!(^^)!」改め「今日の一作!(^^)!」 vol.3 エリザベス女王祝賀から連想

やっぱりタイトル変えます!
その日の出来事と絡めて思い出した本やアニメなど色々書きたいと思いまして。

さて、今日はエリザベス女王のなんと90歳の祝賀行事が11日執り行われたそうで、すごいだすなー。
誕生日が一緒で、ちょっと親近感。
でも好きかどうかはまあ…。

イギリス、エリザベス女王でつい連想したのは
松岡なつき「FLESH&BLOOD」

FLESH & BLOOD(24) (キャラ文庫)

このシリーズは外伝含めて27冊?持ってます。
日本人の少年海斗が、イギリス在住で友達と小旅行中にタイムトリップというか、パラレルワールドにとんでしまう。そこは十六世紀のイギリス。エリザベス一世と海賊の時代。
海斗はそこで様々な経験をして、恋をし、歴史を変えないようにでも恋人の命は救いたいと奔走する。
もちろんBLなんで恋人は男で海賊。
スペインに連れてかれたり、結核になって現代に戻れたり。

アルマダの海戦やフェリペ二世やらイギリス国教やら興味のある人じゃなきゃ世界史の授業ではスルーしてた内容がなるほどと入ってきましたよ。
多少のフィクションはあるけど、やはりこういう形で知識が増えるのは嬉しいですな。

まだ連載中なんで、どうなるのかはわかりませんが、ハッピーエンドを希望です。

しかし歴史ものを書ける方、尊敬です。
ベルサイユのばら」は一読すべき。
タイムトリップでは
時をかける少女」を小学生の頃読んで衝撃的だったな。ベルばらも小学校当時。
「Jin」や「信長協奏曲」もいいス。

まあとりあえず、興味ある方、エッチはほとんどないので、本編24冊ですが、読んでみては?