読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆかのんかズよみごと!!

読んだこと見たことを思い出したらお知らせします。

今日の一作vol.49 人たらし(>o<)

ルチル文庫 間之あまの著 
「君恋ファンタスティック」
君恋ファンタスティック (幻冬舎ルチル文庫)

またしても記憶喪失ですが、なんだかあったかくなる話です。

有名フォトグラファーの久瀬の事務所の経理の仕事を手伝うことになった榎本景。潔癖症の気がある景を否定せず何事もおおらかな性格で美形でしかも老若男女問わずタラシてしまう。
景も次第に心を許して好きになるが、自分には普通の恋愛は無理だと端で見ているだけだったが、ある日食事を一緒にし、帰りに景をかばって階段から落ちて
久瀬は記憶喪失に。
心配なのでと、景の家で同居することに。そして段々と距離が縮まり恋人同士になる。が、久瀬の記憶が戻り一緒に過ごしていた時の記憶は反対になくしてしまい。

冬の話だからなのか手を温めあったりと心もほかほかと暖かくなります。
潔癖症の景に対しての久瀬の慎重な近づき方がすげー。タラしてまーす。てかんじ。ナチュラルにそれをやれるのってすごいなあ。というか、それを表現できるのがすごいなあ。
記憶喪失なのはあまり気にならないというか話を進める上で必要なだけ。二人とも記憶喪失というきっかけがなくても徐々に時間はかかっても恋人同士になっただろうなあ。
あとお互いにがどんなところに惹かれていくのかがよく伝わってくる。
それと久瀬の天然Sってのがいいです。
エッチの時に真綿でくるむようにそうっと優しく囲っておきながらだんだんとこれもいいよねって逆らえないことになってる。
うひーっと、景に同情しちゃう(//∇//)
キスの表現も淫らですう(≧∇≦)b