読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆかのんかズよみごと!!

読んだこと見たことを思い出したらお知らせします。

今日の一作vol.128 恋とアフタヌーンティー…お茶する美貌のおじさんがいたら声かけたくなるよねー

恋とアフタヌーンティー (ガッシュ文庫)

恋とアフタヌーンティー (ガッシュ文庫)

日々の仕事の合間に高級ホテルのアフタヌーンティー巡りが趣味の知広。
普段は周囲のことなど気にならないが、ある日行きつけのラウンジで高東と出会い、彼の紳士的で知広の趣味思考と
合うところに好感を持ち、度々会っていた。そして何回目かでホテルのスイートに呼ばれ身体を重ねることに。
だが、後日彼は知広の部下として配属されてくる。
知広はなかったことにしたかったが、高東は許さず関係は続く。
だが、元来真面目な知広は落ち着かず仕事もミスが。高東のフォローで事なきをえたが。

賢く美しい獲物を狼が静かに押さつけて逃げられなくしているようなかんじ。
知広も若くても部長だし、女々しいかんじはしないのに、なんか手を貸したくなるというか、王女的な人です。高慢ではないので女王ではない。
対して高東は犬っぽくみせて狼や。
Sだし、俺様だし。
二人のキャラがバッチリあってますね。
ちゃーのんで仲良くなるだけかと思ったら執着もどんでんもありで面白かった。

部下たちの知広話も好き。
みんな知広の味方なのがなんかほっとしましたよん。