読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆかのんかズよみごと!!

読んだこと見たことを思い出したらお知らせします。

今日の一作vol.187 憑くものの森…物の怪憑き同士、なんか濃いわー、ヘビーやわ~

BL 読書

憑くものの森 (ガッシュ文庫)

憑くものの森 (ガッシュ文庫)

私生児であり死んだ英国人の母を憑かせたまま、ひっそりと人目を避けて村はずれの古民家に画家として暮らすハルヲ。
ある日雨宿りをする鬼憑きの男・白井と出会い、なんとなく家にあげてしまう。
お互いに一人寂しく生きていてこの世ならざるモノに憑かれている同士なんとなく惹かれ合う。
そして鬼のせいでハルヲは捻挫をして白井が治るまで面倒みてくれることに。
しかしハルヲの義兄がきて、抱かれているのを見られ、開きかけてた心を閉ざす。
それでもオッドアイのせいか、ハルヲの描く絵は少し変わった色合いで、奇妙だけど好きだといってくれる白井に、やはり心はかたむく。
そして捻挫も完治し、お互いに母が鬼が憑くことになったことなどを語り合い、互いに求めあった。
それでも一緒にいることは出来なくて白井は元々の求人先へ行くことに。
そこへ白井を追って男たちがふみこんできて。

白井もハルヲを憑いてるものを認識してそれを排除することも出来ず、独りで生きていくしかない。
でもハルヲは自分で母を引き止めているわけで、白井に言われてやっと自分ひとりの力で生きて、誰のせいにもしないと思えることができて、よかったねー、母さんも安心して逝けるねー、と思ったら白井の鬼まで母さんが連れていってくれた。
母強し。
結局父も母を弄んだわけじゃなく、事情があって私生児扱いになったんだとわかって、めでたしですな。
鬼もいなくなり白井も晴れて堂々とハルヲと一緒にいられることになったし、ラストはスッキリ!
水原さんだから暗くジメジメした感じはいつも通りですけど、ラストスカッと終わったので、よりよかった。

いえその持ち味か好きなわけなんですけどね。水原さんのフアンですよちゃんと。ほぼ全ての作品読んでますから。