読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆかのんかズよみごと!!

読んだこと見たことを思い出したらお知らせします。

今日の一作vol.218 かわいいお風呂屋さん…別にかわいくなかった。地域復興話。

かわいいお風呂屋さん (ショコラ文庫)

かわいいお風呂屋さん (ショコラ文庫)

御宿商店街で銭湯「倉の湯」で働く勇輝。客足は減っているものの祖父の代でつぶしたくないと頑張る。そこへある日フレッドという外国人がやってきて、しばしば銭湯に入っていく。
王子さまのような彼が何だか気になる勇輝。ある時にはあとは清掃だけというラストにやってきたフレッドと一緒に風呂に入り兆してしまい、フレッドに処理してもらったりして、彼を好きなのだと気づく。
だが告白され恋人となった矢先にフレッドは商店街をショッピングセンターにする計画の責任者だと知り。

んー。可もなく不可もなく。
タイトルから勇輝がもっとかわいいかと思ったのに、独りでからまわってるだけのあまり魅力を感じない子でした。
フレッドも勇輝をそんなに好きだという熱が感じられず、これ恋愛してんの?という印象。
お風呂屋を中心にもってきすぎかな。
ドキドキしませんでした。