読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆかのんかズよみごと!!

読んだこと見たことを思い出したらお知らせします。

今日の一作vol.84 犬、拾うオレ、噛まれるってどっちがどっち?

ラルーナ文庫 野原滋著
「犬、拾うオレ、噛まれる」
犬、拾うオレ、噛まれる (ラルーナ文庫)
別れた恋人である予備校講師、貴史への
ストーカー行為を止められない紺。
こわな紺のところに宅配業者を装った男、テツローが現れる。
テツローは貴史が雇った便利屋で、ヤクザでもないのに、鳳凰の刺青を背負ったどこか憎めない男だった。紺と貴史を会わせずにストーカーをやめさせようと、3日間監禁し、お仕置きをするが、その間で紺の秘密が次第にあきらかになってきて。

好き嫌いが分かれる話ですね。
私はいいと思います。
すべてを拒絶してストーカーに励む紺の過去やトラウマがわかるにつれ、紺の必死な生き方というか、そう生きるしかなかったことが、痛々しく、悲しいです。
全部書いてしまうとネタばれすぎて面白くないので書きません。

タイトルだけはいただけない。
どっちも犬じゃん。
まあ紺が捨て犬オーラ出してるということなんで、テツローが噛まれてんのか?
まあきゃんきゃんやりあってるのが面白いけどね。二人のやりとり、ベッドの中でも、うるせーばか、とかやってるのはいいなあ。

そして紺の愛情の重さ。
皆に先立たれ残された身の紺。
危険な仕事も多いテツローに
「お前が死んだら、あとを追っても、いいか?」
って聞くところがとても切なくてホロリときました。
テツローもそんな重い紺だけど、しょうがないとこいつを捕まえたのはオレだから、とまるっと受け入れるのが、ぐっときます。

チャラい感じなのにしっかりラブストーリーなんです。