読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆかのんかズよみごと!!

読んだこと見たことを思い出したらお知らせします。

今日の一作vol.191 性悪人誑しに男前わんこが溺れています…男前わんこ最強

BL 読書

性悪人誑しに男前わんこが溺れています (二見書房 シャレード文庫)

性悪人誑しに男前わんこが溺れています (二見書房 シャレード文庫)

仕事もできて物腰もスマートで眼鏡の下は見とれる程のイケメンの千林。冷徹に見える彼が唯一こだわるのが『そうくん』。
そして明るく人当たりがいい野江奏太は、同じ生産企画課になる前、新人研修で一緒になった時から千林に憧れ懐いていた。千林に『そうくん』と呼んでいいかといわれ、奏太だから構わないとは思ったが、その先には違う人をみているんだと感じた野江は、好きなようにとは言ったが、詮索はしなかった。
千林は野江をいつものようにちょっと構って遊ぼうと思ったが、意外に野江の反応は変わっていて惹きつけられ、励みになる。次第に野江が可愛く思え独占してしまいたくなってきた。そんなある日
以前付き合っていた『そうくん』の代わりの男がまた付き合いたいとナイフで迫ってきて、野江が間に入って手に怪我をしてしまう。
千林は不自由だろうと、ここぞとばかりに野江をかまい倒し、野江はやっと自分の気持ちを恋と認めるが。


複雑ですねー。
野江の気持ちもわかるし、千林の気持ちもわかるし。
結局は初恋同士で知らずにやっぱり惹きつけられて。

でもタイトルにのせるほど、千林は人誑しでも性悪でもないと思う。
そりゃあ腹黒ではありそうですが、気にいった人だけ構う感じですかな。

という感じで、ちょっとSな傷心イケメンと彼に懐いた男前わんこが懸命に慰めて、ついついS気で可愛いがってしまうけどやめたほうがいいのかなーと手をひこうとしたら、わんこが突進してきて負けた。ってとこですね。

この話は読み始めは、?、と繋がりをみつけるのが難しかった。
過去と千林の側と野江の側と視点が変わるのが、馴染まないというか、急だなと思ってしまって。
読み慣れていけば、じんわりくるんですが、あーよかったという心地にはなりませんでした。

面白いんですけどねー。