ゆかのんかズよみごと!!

読んだこと見たことを思い出したらお知らせします。

今日の一作vol. 369 狂犬ドルチェ┅犬、キタ━(゚∀゚)━!

 

狂犬ドルチェ (プラチナ文庫)

狂犬ドルチェ (プラチナ文庫)

 

イタリアとのハーフで幼い頃イタリアに住んでいた玲央。家から無断で出て迷子になっていた玲央を助けてくれたのは黒い犬、と玲央は思っていたが、実は孤児の少年ラウル。

天使のような玲央にクッキーをもらい、すっかり骨抜きにされたラウルは、玲央のために生きることを決める。

日本に帰りパティシエになった玲央。その王子様のような容貌を店の宣伝に使われ、先輩たちから苛められ、店を辞めざるをえなかった。辞めたその日にホテルのパティスリーの支配人という男、ラウルに新店舗へと招かれる。玲央はラウルのことは初対面としか思っていなかった。

不審者に襲われ助けてくれたラウルの腕に安堵を覚える玲央。豪華な社宅に世話係だからと一緒に住み、何から何まで甘やかされる。

ラウルは玲央の作るものすべてを貪り、玲央自身をも貪り尽くしたいと求められるが。

 

犬です。犬。

玲央を自分のものにするためには、玲央さえも騙して画策します。悪賢い犬。

自分を虜にし、自分を煽る玲央が悪いんですよ的な理屈で玲央をとろとろに甘やかして舐め回してぱっくり食べちゃいます。

4日もやりつづけるって!!

結局、お家騒動に便乗してラウルは玲央を自分だけ

のものにしますが、まあ玲央も赦しちゃってる時点で終わってます。

まあラブラブなんで。

玲央の見てないところでラウルがどんなことをしてたのか、もう少し知りたいかな。でもどうせ玲央可愛いで動いているので一周回ってくるだけか。

宮緒さん、犬系の攻め何作目だろう。すきよねー。

 

 

 

 

 

今日の一作vol. 368 営繕かるかや怪異譚┅そふとに怖い

 

営繕かるかや怪異譚 (角川文庫)

営繕かるかや怪異譚 (角川文庫)

 

家で何か奇妙なことが起こる。工務店や植木屋、僧侶に相談すると紹介される営繕屋、かるかやの尾端。

霊能者ではなく普通の営繕屋。ちょっとだけお悩みの解決になるような直しをして終わるだけ。でもそれから奇妙なことはなくなる。

小作が六作品。

 

 

夜には読みたくないですね。

昼間でも怖いけど。

小野さんの作品はどうしてこんなに怖いのでしょう。

ホラーと銘打ってない、十二国記はファンタジーなのに、そこはかとなく怖い。

残穢はもちろん怖い(読んでないけど、映画の予告だけで怖い)しね。

すべてが日本の怪異を表現してる。おどろおどろしい。

てもさすがに上手い。

怖さの中に切なさとか侘しさが滲んでる。

 

 

今日の一作vol. 367 青春は探花を志す┅結局やりたくないけど間諜やってしまう

 

青春は探花を志す 金椛国春秋 (角川文庫)

青春は探花を志す 金椛国春秋 (角川文庫)

 

やっと星家をたてなおし、本来の姿で生きられるようになった遊圭。国士太学へと進むが、身分の上下はないはずの太学でもやはり出る杭は打たれる。

遊圭の初めての友、尤仁は地方の良人の身分ながらも優秀で、様々ないじめにあう。

それが許せない遊圭は、首席の劉宝生ら一門の不正を暴くことに。

 

根が真っ直ぐな遊圭は色々鍛えられてきたとはいえ、やはりまだまだ若い。

後宮生活や異国への旅など、これでもかと苦難を乗り越えたにしても、まだ、玄月などの画策には負ける。今回もやっちまった。

まあ流刑とはいえ、結局ルーシャンのところへ行くことになって、たぶん次も色々ギリギリなところて、生き延びて、国の危機を解決することになっちゃうのだろうな。

ページをめくるたびに話が展開していくので、じっくりゆっくり読まなきゃ見逃しちゃうシーンもあって、大変です。

次巻も楽しみです。

 

 

 

 

今日の一作vol. 366 覇狼王の后┅立場や外見より心根を愛されていることこそが一番欲しいこと

 

覇狼王の后 上 (プラチナ文庫)

覇狼王の后 上 (プラチナ文庫)

 
覇狼王の后 下 (プラチナ文庫)

覇狼王の后 下 (プラチナ文庫)

 

 

両性具有であることで、幼い頃母親に化け物と疎まれて地方の神殿に預けられたアリーシェ。自分は醜い化け物なのだからと思い込み、せめて養育してくれた神官ニコラウスと共に神官として民の為に奉仕していた。

アリーシェのいる国ソルグランツは隣国アヴェルナに侵略され、地方は無法地帯になっていた。アヴェルナ兵や賊による略奪が横行し、流民が神殿へと助けを求めてくる。

ある日アリーシェは一人の傭兵が倒れているのを見つけ介抱する。彼ヴォルフはこの国では魔と恐れられる紫の瞳をしていた。だがアリーシェは分け隔てなくヴォルフを扱い、ヴォルフはそんなアリーシェを女神のような美しさと共に愛するように。

やがて回復したヴォルフはアヴェルナ兵に襲われていた神殿からアリーシェたちを助け、アリーシェに自分の后になれと連れていく。なんと彼は今は傀儡の国王リヒャルトの兄王子だったのだ。そのままアリーシェはヴォルフに体を開かれ、両性であることさえも愛しいと執愛する。

ヴォルフはアリーシェだけいればいいというが、王子であり、傭兵として名をしられている彼に、アヴェルナ軍と戦う解放軍の指揮をとって祖国奪還してほしいとちりぢりになっていた残兵や地方領主たちから求められる。

ヴォルフはアリーシェの為に国を獲ることを決めて挙兵するが。

 

宮緒さんの粘着度高い執着愛はもちろん基本なんですが、布石がすごくきいていて、上下だけなのに5冊くらい読んだような満足感です。アリーシェの母親からの虐待による自分の体への忌避。ヴォルフの悪魔と怯えられ、自分の力しか信じない生き方をアリーシェに覆され、アリーシェを猛愛することへの心情。部下の思惑、敵王子の立場。すべてが絡まりあって面白いです。

エッチは18禁なみのなのですが、それ以外は普通にファンタジー作品でもよいかと。

一つ残念なのは、アヴェルナからの執政官のメルヒオール王子。アリーシェを好きになったのもわかるし、ヴォルフの后だとわかったから対応を考えるのもわかるのだけど、人質にするこたもせず、アリーシェをほっといて、逃げ出したらまたもたばかったのか、とかよくその辺がどういう思考からそういうことになったのかが、ちゃんとした言葉でかかれてなかったので、惜しいです。

 

ラストのまとめは、ニヤニヤしてしまいました。

ラブラブですな。

今日の一作vol. 365 月を食べて恋をする┅ずっと君を想い君を護り君と一緒に月を見たい

 

月を食べて恋をする (Splush文庫)

月を食べて恋をする (Splush文庫)

 

大学生の恵多は3年前に父を亡くしてからは叔父の章介と暮らしている。父の事故の知らせの後恵多も倒れて頭を打ったらしく一部記憶が抜けている。そんな中、恵多は夢で同性の恋人と風呂に入っているところを良く見ていた。それは過去のことなのか?そんな夢のせいもあるのか、恵多は章介を密かに想う。でも章介は日替わりで女性の気配をさせて帰ってくる。望みなどないし、叔父なのだからと、気持ちを押し込める。けれど、恵多は後遺症のように、発作を起こしてしまうことがあり、章介は過保護なほど恵多の生活管理をする。

想いも叶わずそれでも構われることに反発をするが、やはり頼りにするしかない。

そんなとき自分の恋人だったかも知れない須藤と会い、章介が父の死に関わっていたと聞かされて。

 

既刊「君といたい明日もいたい」の改訂版です。そちらも持っているので、読み比べてみました。全体的にスッキリとしてます。

前作では意味不明な心の声があったり水に対しての発作の原因がいまいちつかめなかったのですが、最初にその点を夢ではっきりさせてくれたので、わかりやすかったです。

月食の約束もラストでぴしりとはまりました。

記憶障害の中で、章介は恵多のすべてを護りたいとあえて恋人だったことをふせていたわけですね。でも須藤が出てきた時にはすっぱりと明かしたほうがよかったよねー。といってもそこが話のミソなので、仕方ないですが、読み直してまた須藤にムカついてます。

あとは、前作のイラスト、あじみねさんのイラストは恵多が色っぽいですね。小山田さんの恵多は年よりも幼い感じですし、章介も叔父さん感があって3年前に恋人なんて、犯罪ですねという感じバリバリです。

あじみねさんのイラストもすごく好きですけど、今回は表紙の素晴らしさに圧巻です。

 

 

 

今日の一作vol. 364 眠りの杜の片想い┅自身の真価は周りの人々が知っているから安心して可愛い寝顔を見せてください

 

眠りの杜の片想い (ディアプラス文庫)

眠りの杜の片想い (ディアプラス文庫)

 

代々降霊術により地域一帯を災害などから護っていた森谷の家に生まれた値賀は姉の有賀とは違い霊能力はなく、しかも1日10時間は寝ないと体調を崩すロングスリーパーだった。性格はいたって真面目でのんびりなのに顔立ちは整い過ぎて近寄り難い。大学はなんとか卒業したが、就職はできずに実家に戻り、たまに祈祷を姉の代わりにおこなったりしていた。

その日祈祷に行った先で、値賀は好みの男性と出会う。彼、紀州は土地調査のために東京から来ていた。緊張のために素っ気ない態度しかできずに値賀は落ち込むが、後日また会った紀州はそんな値賀のことを優しく受け止めてくれた。そして3週間だけだが、紀州のもとでバイトをすることに。叶うことは諦めていたが、一緒にいられることが嬉しかった。

有賀は視ることができるが値賀は憑かれやすく、たまに落ち込んでいると憑いてくる。実は紀州に初めて会ったあと、ずっと若い男が値賀についているという。

紀州が東京に帰る時に告白したが、やはり忘れられない人がいると言われる。

紀州が帰ったあと、値賀は夢で若い男が何か言ってきているのをみた。

直感で、彼が紀州の恋人で、自分に憑いている人だとわかった。

いてもたってもいられず値賀は紀州に会いに行くことを決める。そして、、

 

冷静に話のベースは怖いのですが、値賀の可愛らしさに、なんだかこんなもんよね、と受け入れてしまいます。

何が怖いかはまあ、読んでみて。

ロングスリーパーは体質と言われても、そりゃ悩むよね。

自分には何もできない。って。

これが、家族がいいんだよーって受け入れてくれてるから値賀も良い子でいられたけど、もし他の作家さんだったら、家族から迫害されて飛び出して散々悲惨な目にあって紀州さんに拾われるというパターンになるかなー。

それくらい危うい体質ですねー。

この家族みたいにあっけらかんと霊に対してたら、霊のほうもなんだよーってどっかいくよねー。

憑いてた紀州の恋人の原口も、死んでから、自分のこと馬鹿だよねーって言ってるけど、本当に生きてるうちに、やりたいことやったほうがいいよ。

値賀ちゃんみたいに素直になろう!

何だかほっとする話でした。

 

 

 

今日の一作vol. 363 将軍様は婚活中·将軍様は新婚中┅大型ワンコが愛玩動物を舐めまわしてます!!(笑)

 

将軍様は婚活中 (リンクスロマンス)

将軍様は婚活中 (リンクスロマンス)

 
将軍様は新婚中 (リンクスロマンス)

将軍様は新婚中 (リンクスロマンス)

 

クシアラータ国は一妻多夫の国で女性が跡を継ぐため、有望な男性には山のように縁談話がきて迫られる。

ウェルナード=ヒュルケン将軍は正に有望株の1人だが、無口で謎な性格で女性たちから逃げ回っていた。

フィリオ=キトは父であるルキニ侯爵の使いの途中、風に飛ばされた書類を追って城の奥庭でベルと名乗る男性に出会う。彼は無口ながらどこか放っておけないところがあり、時間が合えばお昼を共に過ごすように。

かつて歌唱隊の愛し子と言われたフィリオは、自分の外見が貧弱なので軍人らしく逞しいベルに憧れ、またらしくなく懐いてくるところは可愛いとすら思っていた。

一方ベル、つまり将軍は友でもある第三王子のインベルグ王子の入知恵もありフィリオと結婚を決意。外国人である将軍に、結婚をして国籍を持たせたいと画策する国王たちにとってはまたとない機会。

フィリオは将軍がベルだとは知らないうちに、仮婚へと突入するのだが、将軍を邪魔に思う一派が狙ってきて。

 

登場人物のそれぞれがキャラ立ちしてて、面白い。

フィリオのふわふわした可愛いらしさと芯の通ったところが、ベル·将軍の武骨でワンコなところと重なり、読んでて思わず微笑んでしまいます。

ベルの見えないしっぽがブンブン振られている!

可愛いご主人さまを守って誉めてもらったら舐めまわそう!なんて心の声が聞こえそう!

 

婚活中ではベルがフィリオと結婚するまで、唾つけて、待て、のままでいる状態。

新婚中では結婚式あげて初夜すませて戦いに出ていくけどさっさと方つけて帰ってくるという話。

簡単にはそうだけど、周りの人々の思いやフィリオとベルのやり取りに誠実さがあり、何気ない話だけど、ゆっくり沁みる。

 

今度インベルグ王子の話を読みたいな。

バタバタがありそうで。

その時でもこの二人はイチャイチャしてそうだけど。