ゆかのんかズよみごと!!

読んだこと見たことを思い出したらお知らせします。

今日の一作vol.263 おやすみなさい、また明日…毎日忘れて、毎日思い出す。また明日も。

おやすみなさい、また明日 (キャラ文庫)

おやすみなさい、また明日 (キャラ文庫)


あまり売れない小説家をしているつぐみ。十年来の恋人に子どもがほしいからという理由で別れを告げられる。
傷つき仕事も手につかず、締切に間に合わずに途方にくれていたそんな時に出会った青年、朔太郎の祖父が管理するアパートに越すことに。
アパートの住人はみな癖のある人ばかりだけど、ゲイのつぐみのことも偏見なく受け入れてくれる。そして朔太郎もつぐみの小説のファンだといい、2人でまったりする時間は心地いい。自然と惹かれあい、お互いに好きだと思う。でも朔太郎は頑なに友人としてのつきあいをする。それは朔太郎が記憶障害があるからだった。いつか恋人のことも忘れてしまったら、と。
つぐみは朔太郎のために話を書くのだった。


何度も読み返して何度も泣いてしまいます。
以前にもタイトルだけは紹介しましたが、改めて。
朔太郎は事故で頭を打ち、怪我が治ったあと健忘症に苦しむ。会社を辞め祖父のアパートで、うつろな日々を送っていたときにつぐみの作品を読みあるがままを受け入れるように。
記憶を無くしていく怖さと、記憶障害によって人を恋人を傷つけてしまうことと、それでもつぐみを好きになってしまうことの辛さが、つぐみを通して、じわりと伝わります。何とかしてやりたい、でも代われるものではない。だからつぐみは「朔太郎さんのこと」という話を書く。日常の出来事を書き留めておくだけ。
2人はやっぱり愛し合ってて、忘れてしまったら捨ててほしいという朔太郎にずっとそばにいるとつぐみはいう。
そして一緒に暮らすことになり、1日の終わりに「おやすみなさい」という。
また明日おはようといいなんでもないことを一緒にしたいという、このラストがステキです。

そしてその後のショート。
読んで下さい。
ボロボロ泣いてしまうしネタばれだと興ざめなんで書きませんが、また明日、と朔太郎が愛をくり返すと言えばいいのかな。切ないし悲しいしでも二人は幸せなんだしと、涙が止まりません。
あとがきではこのショートを書きたいから本編を書いたようなものと、凪良さんは書いてます。
私もこのショートなくこの作品は成り立たないと思う。
元は恋愛前夜のスピンオフなんですが、そちらはコミカルな話なんで、ギャップはあります。むしろそちらを読まなくてもいいですね。

ほんとに泣きたい時は読み返します。
長くなりスミマセン。

今日の一作vol.262 傲慢上司と生意気部下…タイトル通りですが、好みの問題

傲慢上司と生意気部下 (ショコラ文庫)

傲慢上司と生意気部下 (ショコラ文庫)

ネット通販のアパレルメーカー勤務の久哉は甘い容姿ながら仕事には厳しく、口うるさいと同僚からは煙たがられていた。そんな時、外部からCEOとして迎えいれられたのは外見も中身も完璧な二階堂。隙のない彼に警戒するが、システム部のかなめとして、役員にも引き上げられ行動をともにすることが多くなり、どうしても意識してしまう。
そうして忙しく過ごす頃、唯一の肉親の姉が事故で他界。1人残った姪の里穂を引き取ることに。仕事と子育てと久哉は翻弄され、二階堂に頼ることになり。

ほんとに二階堂が傲慢で、こんな奴を好きになるなんて久哉はMだね、
仕事のことや、恋愛のステップアップがまあまあ順当で、子育てもうまく絡んでよかったのだけど、ラストで二人がまとまってラブラブで終わる、のもいいですが、あれ?
ここまで仕事の話と子育ての話がわりと詳しくかかれていたので、ラストが急に余韻なく終わったのが、不自然。
そもそも出張で二人できてるんだから、ラブラブしたあとは戻って仕事の報告やら里穂ちゃんにどう向き合おうか悩むとかしてよ。
終わり良ければとかいうけど、きれいにまとめてほしいな。
二階堂が不審すぎて私は好きじゃないので、余計にキレイに終わってほしかった。

今日の一作vol.261 九尾狐家ひと妻夜話…モフモフ子狐がキュート

九尾狐家ひと妻夜話 ~仔狐滾々~ (二見書房 シャレード文庫)

九尾狐家ひと妻夜話 ~仔狐滾々~ (二見書房 シャレード文庫)

シリーズ3作目。
九尾狐家世継ぎの焔来の妃となり九尾の仔狐・煌来を出産した八緒。しっぽが二本に増え霊位が上がり寿命も延びたことで焔来は喜ぶ。そして次の仔狐を出産。八緒によく似た黒い仔狐で焔来は溺愛するが、しっぽは増えず産後の肥立ちも良くなく、八緒を気遣ってばかり。
そんな時、竜族の王太子が来訪。接待役を二人は任されるが、エドワードは八緒に迫ってきて。


棄て猫だった八緒が、実は九尾狐家の 焔来の従兄弟で、術により猫の姿にされていて、 焔来と幼なじみで主従の関係から恋人となりできちゃった婚しちゃうわけです。
今回の話は二人目を産んだ八緒の体を心配することと、八緒にちょっかいだすエドワードとのやりとり、ヤキモチ、事件などがありますが、結局ラブラブしてます。
異世界の幼なじみ主従、シンデレラというより醜いアヒルの子の話。で、ケモモフで可愛い。
無理やり異世界移動で人間とのラブよりもすんなり話が通ってよいです。。
仔狐がほんとにかわいいので。
それだけでもいい。
ま、お話しも二人がラブラブだからこその揉めごとなんで、安心して読めました。

今日の一作vol.260 淫獣…マッコウクジラ受け。

淫獣~媚薬を宿す人魚~ (Splush文庫)

淫獣~媚薬を宿す人魚~ (Splush文庫)

ある日、海辺のビストロでシェフをする赤尾の店に入ってきたびしょ濡れの客、久白。無一文だという久白を住み込みで働かせることに。
素性のしれない人間を置くことに多少警戒はしたが、真面目によく働くし、男なのに色気があって、いい匂いのする久白に赤尾は次第に惹かれていくが、久白を狙うものがやってきて。


久白たちの生態を詳しく書いちゃうと面白くないので、感想だけ。
えっちいです。
人間の欲望のために、狩られるばかりの久白たちだけど、久白は赤尾とつがいになれて、まあ、やりまくってます。
モブにやられるシチュのって嫌いなのですが、そういうこともなく、二人でいちゃいちゃしてくれてよかった。

あとがきが面白かったので、マッコウクジラ受けなど、BL脳の方はよく理解できるかとおもいます(笑)

今日の一作vol.259 空に響くは竜の歌声〈暁の空翔ける竜王〉…平和な御代は愛が故でしょう

竜王の治めるエルマーン王国。平和な国へと立て直したフェイワン王と王妃龍聖が亡くなり、息子のシィンワンが新たな竜王として目覚めた。彼のもとへ召喚されたリューセーは素直な高校生。代々伝えられてきた龍聖の役目をなすことに気負っていたが、二人が一目みてお互いにひかれあう。
だが龍聖は慣れるとともに先代のリューセーの偉大さに自信を無くしていき。


シリーズの次代目ですね。
キャラクターがとても生き生きしてるので、楽しく読めました。
ラブラブで微笑ましくて多少トラブルや国の危機もありますが、愛で解決ですよ。
前作を読んでないとわかりにくいこともありますが、背景が細かく設定されてるので、ファンタジーによくある曖昧さはあまりなく、納得で読めます。
卵から孵るところをイラストでみたかったな。可愛いだろうな。卵抱えた赤ちゃん。(o^^o)

今日の一作vol.258 神さまのビオトープ…世の中は秘密だらけで、みんな好きに生きていい。

神さまのビオトープ (講談社タイガ)

神さまのビオトープ (講談社タイガ)

うる波の夫「鹿野くん」は結婚二年目にして事故死した。お葬式が済んでうる波一人になったら、なんと鹿野くんがいつものようにそこにいる。ショックで自分がおかしくなったのかと思ったが、鹿野くんは自分か死んだこともわかっているという。つまりは幽霊だ。それからうる波は鹿野くんと一緒に暮らす。鹿野くんは煙草も吸うし、ご飯も食べる。画家なので描き掛けの絵もかく。減りもしないし完成もしないけれど。
彼のことは秘密にしていたが、大学の後輩に知られてしまい。

うる波と鹿野くんの出会う人々との話を四編収録。


さすが凪良さん。
元々はBL書きではありますが、それだけでは済まない力量です。
木原さんや榎本さんにつぐ作家さんだと思います。

救済の話だと帯などに書かれてますが、わたしはそうだとは思いません。
世界の決めた常識という「正しさ」とは外れてしまった人々の選択。
それはそれぞれがきめることで、うる波と鹿野くんがその人々にかかわってはいるけど、道を示した訳でもなく。
ただ淡々と、そしてうる波は鹿野くんとずっと暮らしていくことがただの幸せなんだと言ってるだけ。
自分の幸せと他人の幸せは交わらない。
なにも救済とは思えない。
あとがきも何もないので、編集さんがつけたキャッチなのかはわかりませんが。

話はとても沁みます。

今日の一作vol.257 恋人候補の犬ですが…ストーカーの紙一重

恋人候補の犬ですが (リンクスロマンス)

恋人候補の犬ですが (リンクスロマンス)

母亡き後母の再婚相手と暮らす涼一。美貌の持ち主ながら性格は真面目で、病気療養をしている義父・和彦に淡い想いを抱きつつ、彼の為にも上司のセクハラにも耐えていた。
そんな涼一の勤める会社の警備員・菅野俊介は涼一だけ名指しで毎朝挨拶をしてくる。
どうして自分だけ?と訝しく思っていたが、ある日残業して遅くなった時、部長に襲われそうになったところを俊介に助けてもらう。俊介が守りますとその日から帰りを送ってくれるように。
明らかな好意に戸惑うが、爽やかで逞しく魅力的な俊介に警護され大事にされるのことが嬉しく、次第に気持ちも傾いていくが。

ドーベルマンに懐かれてる感じ。(笑)
楽しかった。
結局同じストーカー行為されても、好きな人だったら許せるってことですな。
やー可愛い二人ですね。