ゆかのんかズよみごと!!

読んだこと見たことを思い出したらお知らせします。

今日の一作vol.321 情熱のかけら…抑えた情熱はピュアとはいえないし何の解決にもならない。友達というカテゴリーにしがみつきすぎ

情熱のかけら (カクテルキス文庫)

情熱のかけら (カクテルキス文庫)

高校の同窓会で再会し、自分とは正反対の藤尾に秘めた想いを再実感した鳴海。
以来、親しかった西崎も含めて3人で月一で会うように。しかし、会う度に好きだという想いを抑えられないようになり、それを知られることの怖さが勝り藤尾に怯えるような態度に。
そんな中酔ったまま藤尾に抱かれてしまう。そしてその後はなし崩し的に関係を持つように。それでも藤尾には彼女がいて、二人の姿を見てしまうと耐えられなくなり、鳴海は藤尾から離れようとするが。

少しも鳴海の気持ちに共感できないし、藤尾の態度にも賛同できない。
短編で、藤尾の気持ちや西崎の気持ちなんかもかかれてますが、それでもそうなのかあ、という気持ちにはならない。
鳴海はただのMなの?というくらいに自虐的だし藤尾の態度に傷つきながらも会うのを止めないという。そして西崎とも慰めとはわかってながら身を委ねるし、西崎の彼氏の恵くんが一番可哀想だし、応援したくなる。
結局友達でいたいといいながらも、みんなそんな立場に満足できてないし、なら告白して気持ちの整理つけてから前に進めよと思うのに、それもしないで自分の中であーだこーだと理由をみつける。
藤尾もまた言葉に出せないなら態度で、抱くなら強引なだけじゃなく愛されてる?と思うくらいに抱いてやれよ。
何かなんでこんな言葉足らずばかりのやつらなの?
イライラする話でしたわ。
単行本の文庫化ということだし、昔の作品ということで、まだこなれてない感じがありあり。
お互い好きだったとわかってから後のイチャイチャがウザイ。
嫉妬と独占欲の好きな方は良いかとおもうけど。

今日の一作vol.320 さよならガラスの恋心…過去より明日。一歩踏み出せば何かが変わる

小さな島で生まれ親兄弟からも相手にされず育った夏季。内気で自信もない。
そんな夏季だがつきあって一年になる美樹本という恋人がいる。彼に嫌われないよう気を張り詰める夏季だが、忙しいのかあまり会いに来てくれない。
過去のトラウマから体調が悪いとパニック障害を起こしてしまう夏季は、このところ頭がぼんやりすることも多く、気をつけてはいるが、働いている定食屋の常連で美樹本の同僚でもある副島に色々と気を使ってもらい家まで送ってもらったりした。恋人の美樹本といるより副島といるほうが落ち着くようになり、困惑しているとき、街で偶然美樹本に会う。しかしその美樹本はいつも家に来てくれる彼とは違う人間のようで、言われたことも覚えのないことばかり。自分は何かおかしいのではと、副島に問うと思い出さなくていいと言われ。

漁師の家で華奢な夏季。家族にも役立たずと言われ唯一料理でみんなが食べてくれることが嬉しかったという。
そんな夏季だから副島のように怖い顔でも美味しいといってくれて、優しく包まれたらそりゃあ嬉しいよね。
島での初恋といえるのか、ただ初めて優しくしてくれたから好きになったというだけの男に酷く振られ、それがもとで島から出なくちゃならなくなったし、対人恐怖症にもなっちまった。
そしてまた美樹本という顔だけの男にひっかかる。
こういう必要とされたい人間はダメな人間にひっかかりやすいので要注意ですな。
まあそれでもひねくれずに真面目に生きてきたからこそ副島という当たりをひいたわけで。
生まれてきて良かったと言える恋ができてよかった。
誰にでも今一歩出さなくちゃという時があるけど、夏季がそれを間違えずに踏み出せてよかったです。

今日の一作vol.319 ダメ博士とそばかすくん…こんなダメ美形はいやだ

ダメ博士とそばかすくん (幻冬舎ルチル文庫)

ダメ博士とそばかすくん (幻冬舎ルチル文庫)

大学生の実里は祖父の営むベーカリーの手伝いで、大学の教授たちにデリバリーをしていた。その一人で、准教授の千堂はとてつもない変人で、実里のことはそばかすくんと呼び個体認識していた。
ある日階段から落ちそうになった実里をかばったため利き手を捻挫してしまった千堂の世話をする為、ひと月ほど住み込みで手伝いをすることに。
何事にも無頓着な千堂に実里はせっせと大型犬を相手にするようにお手入れと躾をして、人並みの生活を送れるように。
落ち着いてくると、もとより好みの美形に味わいある性格に実里は千堂を好きに。さっぱりとした実里は告白をしてみると、二人の関係は変化してきて。


「おとなりの野獣さん」のスピンオフ。
博士のダメっぷりと実里のスパーンとした性格、二人のやりとりがすごく面白い。
博士はホントにどうしようもないですね。現実だったら手も出したくないです。めんどくさい。
まあ千堂の相手は実里にしか出来ないということでしょう。
愛の言葉がすらすらと天文を専門にしているから宇宙になぞらえて出てくるのが感心しました。
そんなやりとりがただただ面白い。

今日の一作vol.318 他人同士ーEncoreー…愛に仕事に男たちは輝いてる

他人同士: -Encore!- (キャラ文庫)

他人同士: -Encore!- (キャラ文庫)

〈他人同士〉の番外編集ほか。
央剛舎の編集者の諒一は一夜限りの関係を好むタチだったが、カメラマンの暁をやむなく同居させてやることに。仕事の関係者とは寝ない主義だったが、好みの男と一緒に寝起きしてて我慢できずに、押し倒したら、ストレートの暁に逆に押し倒された。
その後紆余曲折を経て、暁のおおらかな愛にどっぷりはまり、暁を受け入れることか出来た。
そしてその後、仕事をバリバリとこなし、諒一にも昇格の話が。馴染みのエイダ編集部から週刊央剛へ?
これ以上忙しくなるのか?


他人同士、大人同士、と読んでから今回のencoreを読むと、楽しいです。
番外編は日常のイチャイチャが読めますし、書き下ろしでも、ちゃんと安心して読めました。
諒一は一度人間不信になる程酷い振られ方をしたことがあるので、一夜限りの関係しかもてなくなったのもわかります。
それを年下なのに包みこむようなおおらかさを持つ暁に出逢えて本当によかった。
パートナーを得られるというのはゲイには難しいことだし、ましてや編集者という変則的な仕事の人は大変ですよねー。
この話しを通してこの仕事の大変さをまた思い知りましたね。
愛も仕事もどちらも大事で、男の人は大変だけど、それも生きがいなのかな。

今日の一作vol.317 金獅子陛下は後宮で子育て中…BLファンタジーそのものですねー…

金獅子陛下は後宮で子育て中 (角川ルビー文庫)

金獅子陛下は後宮で子育て中 (角川ルビー文庫)

白獅国は始祖皇帝が霊獣の血をひくといわれ、その繁栄は三百年も続く。
門下生もいなくなった貧乏道場主の花偀は、仕事を探しに市場へ出掛けたところ、元兄弟子の銖王と再会した。
なにやら訳ありな様子で、銖王の連れていた小青という子どもを預かってほしいと言われ、花偀は快諾する。
しかし、小青を狙った追手に道場を襲われてしまう。迎えに来た銖王に助けられ、小青とともに連れていかれた先はなんと後宮。実は銖王は皇帝で、小青は次期皇帝。花偀は小青の母親として後宮で小青を守ってほしいといわれるが。

かなり細かいところがアバウトですが、小青の可愛さで帳消しです。
でも銖王が何の説明もなく、昔から好きだったとかいう一言もなく、皇帝の役目的な感じで花偀を押し倒してしまうのはなんですかねー。
銖王を好きな花偀としては不安ながらも受け入れちゃうよねー。
結局は金獅子族と黒獅子族との争いで、皇帝を決めるのも獅子として強いかだけできめるのはなあー。
ファンタジーなんで仕方ないですが、このところモフものばかりで、飽きてきた。
出すなら徹底的に設定決めて感動させてほしい!!

今日の一作vol.316 犬も送れば恋に落ちる…犬好きモフ好きが妖怪でもイケメンの犬に迫られたらイチコロよ

犬も送れば恋に落ちる (ショコラ文庫)

犬も送れば恋に落ちる (ショコラ文庫)

大学の時に趣味の山歩きの途中迷った陽向に、なわばりの山で迷った人間を麓まで送る代わりにお礼を貰う送り犬の野分は出会う。大の犬好きの陽向は大型犬の見た目の野分を怖がりもせずにかまい倒す。今まで恐れられるだけだった野分はそんな陽向と離れがたくなるが、人間と妖怪では住む世界が違うと諦め、陽向を麓まで送り、礼としてふたりで過ごした記憶を貰う。
その後陽向はすっかりと忘れ十二年が過ぎ、カフェを経営の傍ら趣味で山歩きをしていた。
野分はやはり陽向のことが忘れられないと、陽向のくれたビスケットの包みを頼りに陽向を探し、やっと巡りあい、犬姿を見せて釣り、マーキングしてしまう。そのまま陽向のカフェに居座り続けてイケメンウェイターとして働くが、ある日謎の老人たちがやってきて。


陽向の犬好き度がヤバいです。
エッチのときと犬耳と尻尾つきのが燃えてしまうというモフ好き。
だからこそ野分に会った時に有り得ないくらいの構い方で、野分が恋しちゃうのだけど。
まあ結局妖怪だから、子供もいずれ授かるだろうし、老人たち送り犬の現統領以下も見守る姿勢なのだわー。
話は単純バタバタですが、面白かった。
やや野分がチャラくなりすぎなのがなー。
時代錯誤のとこがよかったのに、すぐ現代に慣れちゃうのはちょっと。
颪ちゃんがかわいい!
子ども姿のイラストも見たかった。

今日の一作vol.315 鬼の棲む国…日本昔話+ファンタジー+美女と野獣

鬼の棲む国 (B-PRINCE文庫)

鬼の棲む国 (B-PRINCE文庫)

屈強な肉体を持ち圧倒的影響力から鬼と譬えられる強大な国、北の国。
以南の国々で十年ごとに1人、王族から北の国へといわば人質を送りその代わりに攻め込むのはやめるという協定を結んでいた。そして東の国が今年その役を負う。
東の国の第四王子のカナギは、昔落馬で負った怪我のために歩くのも杖を借りていた。そんな自分が出来ることは人質に選ばれること、と、常から北の国の言葉を学び様々な勉強をする。その努力もあって、やってきた北の国の使者・第六王子であり陸将軍でもあるサスナに選ばれ、北の国へと向かう。
そしてやってきた北の国では思っていた酷い扱いはされず、サスナに様々な贈り物をされたり、身体を求められても恋人のように愛されたりと、戸惑うばかり。
次第にサスナに心を開いていくが、それが恋情ゆえと思ってはいけないと、カナギは自分を自分で抑えこみ素直になれず。

鬼に食われる覚悟だったのに、思ってたのと違う、とカナギは混乱するのはもちろんですよね。
それに気付かずサスナは想いを伝えることもなくとりあえずプレゼント作戦。
それで辛抱たまらずいたしてしまうわけですが!そりゃカナギが抵抗できるわけもないのに、受け入れられたともうサスナは恋人気分。まったく。大きな鬼さんが右往左往してるのがなんだか可愛い。
所々に昔話のベースがあるけど、うまくミックスしてて、新人さんなのに巧みな方だと思いました。
イラストも闇丸さんなのにいつにない倭国っぽい衣装のせいなのか、武骨さがなくカナギが美しくて良かった。