ゆかのんかズよみごと!!

読んだこと見たことを思い出したらお知らせします。

今日の一作vol. 358 恋する猫耳┅かわいいっす

 

恋する猫耳 (ディアプラス文庫)

恋する猫耳 (ディアプラス文庫)

 

野良の黒猫のナツ。大好きな大輔と一緒にいたかったのに、ある日無惨に殺されてしまう。最後に思ったのは大輔のこと。

そして目覚めるとなんと、人間になって大輔に保護されていた。どうやら孤独な青年の体にナツの魂が入ってしまったらしい。

それから一年。ナツは寝起きだけ耳と尻尾がでる半猫人間。そんなナツでも大輔は可愛がってくれる。ナツは大輔とどうにか恋人になりたいのに、大輔はただ愛玩してくれるだけなのはナツに魅力がないからなのかな?と精一杯我慢してる大輔にはたまらん格好でアピールするナツ。

そんなジリジリした日々のなか、黒猫のナツを殺した犯人を突き止めて。

 

無垢なナツが可愛い!

周りの人間にはなにを今更というくらいにラブラブに見える二人だけど、まだ結ばれてない!

まあそのへんのやりとりとかはさすがに面白いしよかったのですが、私的には体の持ち主の蒼空くんのことを少し書いてあげられたらと思います。天涯孤独になって死にたいと思っていたらしいとはいえ、何か接点エピでもあればなあと。大輔とナツのラブラブも可愛いけど、その背景を刑事の浅野さん使って納得説明されているけど、いまいちしっくりできませんでした。

それ以外はニヤニヤして読めました。

今日の一作vol.357  天使たちの課外活動6テオの秘密のレストラン┅待ち遠しい!

 

一連のシリーズ最新刊。

やっと出たと思いきややっぱり一冊では終わらない!早く続きを!

ファンなら誰もが思うでしょ!

ということで、

またデルフィニア戦記から読み返し始めてしまいました。

何冊あるのでしょう。

いまはクラッシュ·ブレイズの途中。何度読んでも面白い。それに、前に読んだときにはあまり好きではない巻も、今読むと何か全然違うところで面白いと思う。

こんな中毒性のある話はずるい(笑)!

全く読んだことないという方には長いけど是非是非デルフィニアから!

読後の爽快感とスケールの大きさはスターウォーズよりも、私はこちらのシリーズを

推し推しです

目が見えてほんが読める年まで何度でも読むつもりです!

今日の一作vol. 356 心を半分残したままでいる┅何度でも好きになる

 

心を半分残したままでいる(1) (ディアプラス文庫)

心を半分残したままでいる(1) (ディアプラス文庫)

 
心を半分残したままでいる(2) (ディアプラス文庫)

心を半分残したままでいる(2) (ディアプラス文庫)

 

 

心を半分残したままでいる(3) (ディアプラス文庫)

心を半分残したままでいる(3) (ディアプラス文庫)

 

静良井は記憶障害をおこしやすく、日々の日記が頼り。それもここ数年分しかなく、過去がまるでわからない。それでも好みは変わらないらしく、趣味のカフェ巡りから、立ち寄った高台の喫茶『カナリー』のオリジナルブレンドが好みで、足しげく通う。マスターはまだ若く男前なのに無愛想な中上衛という。ある日些細なことから中上と親しくなり、静良井の事情を打ち明けると、日記にある恋人Mを共に探すことに。

中上と共に日記に書かれている場所を巡るうちに、静良井は中上を好きになる。そういえば中上もMである。ひっかかりを覚えつつも、過去より今を大切にしたいと、中上と愛し合う。

そして仕事のためにと別れて帰る途中歩道橋で足を滑らせ、また記憶をなくしてしまい、いつも首にかけていたUSB は中上の所に置き忘れていてまっさら。捜索願いがだされていたらしくMかもしれない久遠の元へ引き取られ、また新たな記憶を上書きしていくことに。

それでもまた『カナリー』を見つけ通い出すが、中上は何も言わす静良井を迎える。

 

結論からいえば、人の好みは変わらないということでしょうか。

すべて知ってる中上。でも過去を話して聞かせても思い出すこともなく、思い出せないことで傷つけるだけだとしってるから、今が幸せならと見守るだけの中上。

日記のMが自分のことだとは知らなかった(静良井が日記をつけていたこともしらなかった)から、てっきり久遠のことだろうとM探しを一緒にしてたわけだけど、久遠は久遠で、学生時代からの日記の都合のわるいところは隠して自分がMだと見せかけていた。

静良井は久遠も好きには違いなかったが、それでも、恋するのは中上だけ。

過去の手掛かりを久遠に教えてもらい、探しあて、自分が誰なのかを知り、中上が誰なのかを知り、やはり中上がMだとわかり、今現在を共に生きようと決意する。

まあずっと静良井を好きでいてくれた中上も凄いけど、それもまた中上の家庭環境からの静良井への愛なので、運命の恋人同士といえますね。

3巻まとめて読もうと思って、全部そろうまで我慢しました。一気に読むことオススメします。

記憶障害の話は後味の良いものにしてほしいです。この話は80点くらい。静良井が受け入れすぎというか、記憶障害に慣れすぎというか、もう少し苦悩面を書いてあると同調できたのかな。興味深い話だけど、主人公たちに、ああ良かったね、とラストで心からは言ってあげられなかったので。

ベテランの砂原さんなら、と期待が大きかったのもありますか。

読後感は良かったですよ。ホンと。

今日の一作vol. 355 72歳のバリスタ┅若返るのもよしあし。

 

72歳のバリスタ (ラヴァーズ文庫)
 

茶店を営む老バリスタ·山辺はたまにやってきては店の隅で勉強をしている信濃という大学生が気になっていた。

見守るだけで幸せだったが、ある日信濃は彼女に振られ落ち込み、閉店時間を過ぎても動けなかった

その日は古い友人が来て深酒してしまい、体調が良くなかった山辺は彼をおいて暫く休むが、起きた時には異変が。なんと50歳ほど若返っていた。思いあたるのは友人の田口。なにかの研究をしているはずだった。早速連絡してみると、若返りの薬を開発し実験してみたといい、24時間で効き目はきれるという。若返れたのは嬉しいが、その姿を信濃に見られ、誘われるがままに関係をもってしまった。

こんなおじいさんが恋をしていいのか。でも会えると嬉しい。求められると応えたくなる。

もう一度だけと、薬を飲んでしまう。

田口が置いていった薬がなくなるまでと、決めてみるが、薬のありかを訪ねてきた男に若返っていることを指摘され。

 

おじいさんなのにいきなり若返って戸惑うものの、楽しんでしまうところが、可愛い。隠れゲイなのは自身でわかっていたけど、時代的に普通に結婚してそれなりに幸せだった、が、奥さんは気づいていたらしく、亡くなる前に自由になってと言ってくれたことが後押ししたのもある。

エッチしちゃったり、研究に関してのトラブルに巻き込まれたりと色々大変。信濃は老バリスタに憧れていて、若くても年取ったそのままでも好きだといってくれたけど、若い龍之介の時にしかエッチしてないし、きっとそのままだったら別れてたね。

結局若いままでいられるようになってめでたしだけど、信濃のことは信じられんな。

まあ、バーバラさんの話なので、エッチたっぷりで楽しかったですけど‼️

田口が何で薬を作って、山辺に託したのかが疑問なんだけど。

曖昧なところちょっと残さずにいてほしいかな。

 

 

 

 

今日の一作vol. 354 イエスかノーか半分か┅素を出せる人、場所、大事にしたい

 

イエスかノーか半分か (ディアプラス文庫)

イエスかノーか半分か (ディアプラス文庫)

 
世界のまんなか?イエスかノーか半分か 2? (ディアプラス文庫)

世界のまんなか?イエスかノーか半分か 2? (ディアプラス文庫)

 

 

おうちのありか ~イエスかノーか半分か (3)~ (ディアプラス文庫)
 

旭テレビのアナウンサー、国江田計は王子と呼ばれるほど、外見も人当たりも優れていた。が、地は毒舌でプライベートではジャージに眼鏡にマスク姿で牛丼屋に行ったりとジャンクフードが大好き。友達もおらず、独り愚民たちを欺く毎日。

ある日アニメクリエーターの都築潮の取材をし、数日後にプライベートモードの時にかち合ってしまう。ぶつかった時に潮の腕が負傷し、国江田とばれていないのでオワリと名乗りしばらく潮の元に通って仕事を手伝うことに。

オワリとして会うので何の気遣いもしないですむのは楽で、ケガが治って通う必要もないのに計は潮の所に行き、思うがまま過ごす。

王子な国江田さんをやめる気はさらさらないが、このまま二重生活をするのも辛くなってきたところ計はニュース番組のMCのピンチヒッターをやることに。本番前、さすがに緊張して逃げたくなった計に潮からいつも見ている辞書を見ろと言われて見ると、そこには国江田さんからオワリへと変化していくパラパラ漫画が。バレていたのだと分かり一気に緊張が解け無事に番組を終わらせ、計は計のまま潮と会い、すべてを受け入れてくれる潮に身も心をくれてやるのだった。

 

2巻3巻と色々な出来事が起きて、二人の仲が危うくなったりもしますが、なんだかんだで、絆は深まります。

顔は笑顔で心の中で愚民が、とぶーたれてる計がいいです。素の自分を見せるのは両親と潮、そしてバレてしまった皆川だけ。

そんな必死に隠さなくても、素でも面白可愛いのに、と潮は思ってます。

お互いに居場所な関係。

いいですね。

二重人格なところ、共感できるので、楽しかった。

 

今日の一作vol.353 ケモミミ彼氏~ただし神様~┅神様の恋は深くて恒久

 

ケモミミ彼氏 ~ただし神様~ (二見書房 シャレード文庫)

ケモミミ彼氏 ~ただし神様~ (二見書房 シャレード文庫)

 

唯一の肉親だった姉が亡くなり大学生ながらも姪の美紅をひきとった槙。一応保険金などがあって生活は大丈夫かと思っていたら、住んでいたアパートは子ども禁止。有無を言わさずに追い出されてしまった。保証人が見つからずに部屋が借りられないと途方に暮れていたところに現れた不思議な少年スクナ。

姉夫婦に以前助けられた恩返しをしたいという。槙は見てしまった。スクナのケモミミを。きっとスクナは妖怪の類い。でも一族の総領だというし、あれよという間に住む家も美紅の幼稚園の保証人やらも用意してくれた。槙は妖怪でもなんでも、美紅を要らないという非情な祖父母たちよりも信頼できて頼れると心を寄せる。

またスクナも真っ直ぐに感情をみせて頼ってくれる槙を愛しく思う。

スクナは妖怪でもなく、土地神として祀られるヨナユイの総領。本来なら人間と深く係わるべきではないのだが。

 

神様と人間の恋物語

槙の度量の深さとスクナのストレートな愛情が、コミカルに書かれていて、楽しかった。

書く人によってはすごく暗澹たる話なんですけどね。

欲をいえば、酷いジジババがどうなったのか、美紅が槙とスクナの関係にどう思うのか、知りたいですねー

 

花川戸さんの話は可愛らしいので好きです。

ふわふわした印象。

神社の狛犬さんが、槙とスクナがラブラブしてるのを、こほんと咳払いして居ますアピールしてるのが可愛い。

ストラップにされて槙を警護してる五佐も可愛い。

そんなちょっとした一文が良いです。

 

 

今日の一作vol.352 DEADLOCK┅波乱万丈な人生でも人を愛することができた幸せ

 

DEADLOCK 文庫 1-3巻セット (キャラ文庫)

DEADLOCK 文庫 1-3巻セット (キャラ文庫)

 

 ユウト=レニックスは司法省麻薬取締局DEAに所属していたが、ある日同僚殺しの冤罪で有罪に。刑務所に収監される前にFBI から、あるテロリストのリーダー、コルブスを探しだせば、刑務所からだしてやると持ちかけられ引き受けた。囚人として過ごしながら捜査するが、本名も顔もわからない、背中の火傷と軍経験のある白人としかわからず難航する。

ユウトは同室のディックやユウトの冤罪を信じてくれるネイサンたちに助けられたりしながら過ごすが、刑務所内の暴動に巻き込まれて、やっと追い詰めたコルブスを逃してしまうが、実はCIA と契約しているディックと愛し愛ながらも別れることになり、ユウトはまた新たな人生を歩む。

2は今度は刑務所から出て、ユウトがFBI に入ってコルブスを探し、3ではコルブスを見つけだし、その最後をみとり、ディックとやっと恋人になれた、ところまで。

 

まだまだ続きます。

登場人物が増えていきますが、それもまた面白い。

というか、ユウトとディックだけでは話しが進まない。二人とも頑固で不器用で、イライラするほど。

出てくる人みんな壮絶な人生の人ばかりで、アクション映画を観てるみたいでしたよ。

それにアメリカの事情もなんとなくわかって、政治に興味なくても、なるほどーと裏事情が垣間見れました。

どんなに辛くても、懸命に生きる彼らは、きっとひと欠片の幸せでも大事に守っていくのだろう。愛を知ることができて幸せだと。

二人のその後もこれから読むわけで、次はどんな事件なのかというのも興味深いです。