ゆかのんかズよみごと!!

読んだこと見たことを思い出したらお知らせします。

今日の一作vol.296 かわいくしててね…理想のタイプと現実に好きになるのは違うもんだよ

かわいくしててね (ディアプラス文庫)

かわいくしててね (ディアプラス文庫)

ゲイでもオネエでもないけど可愛いものが大好きで、愛猫のドナと過ごす時間が至福だと思う垣内。職場では隣の席の二本木が歯に衣着せぬ物言いでオフィスの空気を凍らし、それを垣内が諭すような毎日で疲れていた。反面言っていることは間違ってはいない。むしろ多くが黙ってスルーしてなあなあになるところを言ってしむう二本木にあれだけ言いたいことが言えればと、憧れる気持ちもあった。ある日二本木が、猫を可愛いがりたいのに嫌われると落ち込んでいることを知り、なら自分の家でドナに馴れてみること誘う。
二本木の小学生のようなふるまいや、表情に、まったく可愛くないのに可愛いと思えてしまって。


垣内の乙女なとこや可愛いグッズをみてもふーんで終わる二本木。
まったく子供ですね。
またなかなかのイケメンだからこそ許される振る舞いですね。
似たもん同士というか、割れ鍋に閉じ蓋のような感じで、面白かったけど、けっといいたくもなる。
勝手にやってろ、というくらい、ラブラブの甘々で、子供かというような焼き餅をやく二本木とそれが嬉しい垣内。
こいつらは絶対そのうちに職場にカミングアウトしちゃう気がするー。
落ち着いていきやー。

今日の一作vol.295 鬼はここに居る…私欲から鬼になるのと愛ゆえに鬼になるのと。人間のほうが鬼より恐ろしい

鬼はここに居る (プラチナ文庫)

鬼はここに居る (プラチナ文庫)

藩主の子なれど庶子であり狐の子とまでいわれるほど幼い頃から周囲を惑わせる美しさを持つ月千代。世にだしてはならないと日陰者として育った彼の側使いとして働く雛丸は、ある日月千代が彼に懸想した若者たちに襲われているのを見て怒りを覚え許せないとばかりに剣を抜くが役にたたず、逆に月千代に守られるように。気付くと辺りは血の海。月千代様の手を汚してしまったと呆然となる。
しかも殺したのは藩でも重臣の息子。
月千代は雛丸に共に逃げようと誘い、まんまと江戸まで出て、郭の主にまでおさまる。
雛丸は月千代に身体ごととろけされ部屋から出ることもままならないが、大事にそれているのが嬉しい。だが一年ほどたち江戸の町に息抜きに出て雛丸は兄達に見つかってしまう。
雛丸を取り戻しに来た月千代を兄達が処罰しようとした時、また怒りで雛丸は我を忘れ。



またまた過去の先祖からの因縁・呪いです。
鬼退治をした祖先を持つ家に度々呪われた子が出て、普段は可愛く純粋なのに一度感情的に爆発すると、鬼になってしまう。そーですね、雛丸が惨殺事件の犯人です。
月千代はそれを知ってなお雛丸を可愛いがるわけです。
雛丸のにーちゃんも雛丸溺愛というか、呪いに巻き込まれる運命なんで。
そこはどういう因縁なのかは読んで貰わないとですが。
愛憎入り乱れてますね。
ドロドロですが、いいです!
鬼ちゃんがいちばん可哀想かなー。
人間のほうが恐ろしいですね。
月千代さんはわりと自由にやってきたので、あまり同情はしないです。

今日の一作vol.294 可愛い僕に恋してください…タイトルのような傲慢な王子ではなく、むしろ健気な天然王子さま

可愛い僕に恋してください (B-PRINCE文庫)

可愛い僕に恋してください (B-PRINCE文庫)

三番目の末っ子王子セシルは皆に可愛がられ大切に育てられた。やっと成人を迎え皆と同じように仕事を与えられ張り切るが、その仕事は花係。王宮の花壇や庭を世話することだ。
お付きのイヴァンにほぼやってもらっている状態だが、セシルは自分で出来ることをしようと庭師に教えてもらいながらなんとか仕事をしようとする。
そんな時新しい庭師がやってきた。
彼レオは綺麗で逞しい。セシルは一目で彼を気に入り仲良くなりたいと思うが、レオは誰もが可愛いと愛でるセシルを特に王子として扱うでもなく、逆に邪魔だと言わんばかりに接する。
セシルはそれでも頑張って夜這いまで決行するが。


典型的な王子さまの奮戦記です。
そしてレオも日陰の王子でして、母国を追い出された形で庭師として何事もなく過ごそうとしていたのにセシルに振り回され大変ですね。
でもセシルの素直でちゃんと努力するところとかに絆され可愛く思うように。
セシルの粘り勝ちです。
レオとセシルよりもイヴァンと兄王子のハーランドの関係のほうが気になります。
まあ特に殺伐とした話でもなく、こんなもんかなという。
イラストが新人さんということで、イメージ的にはもう少しふわふわした成セシルがよかったな。

今日の一作vol.293 恋の吊り橋効果、試しませんか?…まず好意ありきですけどね。

恋の吊り橋効果、試しませんか? (キャラ文庫)

恋の吊り橋効果、試しませんか? (キャラ文庫)

雪都は幼なじみだったジュリアンと大学で再会。ともにゲイだと知り恋人のふりを頼まれ雪山の別荘に招待される。
ジュリアンの家族や知り合いもくるときき緊張していた。そこでジュリアンの兄で実は雪都の初恋の人クレイトンとも再会。やはり好きだと実感するが、告白はしないと決めていた。
しかし猛吹雪になり別荘は孤立。そして殺人事件まで起きてしまった。
実ははFBI捜査官だというクレイトンは捜査に雪都をアシスタントとして指名し、2人一緒に行動することになり。


なかなかに読み応えのある話でした。
殺人事件を解決する中、クレイトンと雪都が急接近。
恋愛心理的にもサスペンス的にもうまいこともっていってる。
吊り橋効果というか、最初にお互いにいいなあと思ったからこそ、様々な障害がより二人を、という展開。
雪都のモテモテぶりをもっとみせて、クレイトンがやきもきする様を見たかったかな。(≧∀≦)

今日の一作vol.292 一滴、もしくはたくさん…愛はたくさん溢れ出る

一滴、もしくはたくさん (キャラ文庫)

一滴、もしくはたくさん (キャラ文庫)

気力が枯渇する奇病、枯れ人症候群。
この症状を治療できるのは『水師』のみ。
不動産屋の堤が買い取り交渉に向かった屋敷に住んでいたのは美貌の水師、保嵩と弟の響二。気難しく毒舌な保嵩とクールな響二に堤は困惑。ある日頼まれ水師の仕事に補佐としてついていきその様子をみて、水師に対して胡散臭く思っていたのが一変、保嵩が自分の中の水(生命エネルギー)を与え逆に枯渇してしまうことに心配になる。
そしてつい保嵩と弟が性的に交感していたのが頭をよぎり、キス、そしてついに意識もうろうとした保嵩と体を繋げる。
その時にはもう愛しく思っていたのだった。保嵩も堤が水人だということだけでなく受け入れて。


なんとも不思議な話でした。
水師として枯れ人に水を与えて、その後補給のために、保嵩は睡眠もしくは水をもらう必要があるわけで、弟の響二からはとりあえず一線こえずにキスなどで補っていたわけですが、響二は保嵩のことを愛してるわけで、実際我慢できずに寝ている保嵩に色々してしまっているわけです。もうやめなくてはと思っていたところに水人の堤を見つけて自分の代わりに保嵩を守り水を与えてくれるように画策し、堤は保嵩の魅力に惹かれてまんまと恋に落ちる。
や、なんか保嵩の響二のためにも水師を続けることや、保嵩のためにあらゆる手を尽くす響二や、保嵩の矜持や響二の苦悩を知ってなお自分の位置役目と共に愛していく堤が3人3様で最後ただの3Pでなく自然でしたね。

出来ればイラストでは堤と響二が体格的に同じくらいに見えるような感じで描いてほしかった。
なんかイメージとはちょっと違う。

今日の一作vol.291 風の大陸…今でも新鮮な魅力を持つ主人公たちに感慨深し。

碧と紫の左右異なった瞳の世界の相をもつ美しい青年トバティーエ。少年の姿に身をやつした美少女ラクシ。ティーエに助けられ命の借りは命でかえすという自由戦士ボイス。三人は運命に導かれ、大陸の危機を救う旅に出る。


もう20数年前からの作品です。急に読みたくなり、また以前はラストまで読破してなかったので全巻読み直しました。
まずは主人公ティーエの魅力ですよね。美しくまた純粋な、でも力は桁違いにある超能力者、本人は薬師といいはる。そしてティーエとともに旅をするボイスとラクシ。彼等もまた魅力的ですし、行く先々で出会う人々も。
そしてストーリーもぐいぐいと惹き付けられます。
だけどラストがやはり急いだ感ありで、一応納得で終わりましたけど、ティーエは大陸を救いましたけど、あと一編ラクシの国へ皆で行った後の平和なとこを読みたかったね。

あと魂の双子たるイルアデルを死なせちゃったのは何でなんだろう。まあティーエの成長とその次へ行かせるためにも必要なんだろうけども、じゃあ魂だけでもラスト力貸すのに出てきてもよかったんじゃあ。と。

ところどころジレンマはありましたが、ティーエが変わらずの性格でよかったです。
でもラクシとくっつくのはあんまり歓迎しない。読み返してラクシの性格は私個人的には好きじゃないので。
まあファンタジーの先駆けとして凄いなあと当時の気持ちも思い出して、感慨深かったですねー。

今日の一作vol.290 ドッグカフェで甘いバイト生活…確かにあまい。仕事にも恋愛にも隙だらけ。

ドッグカフェで甘いバイト生活 (幻冬舎ルチル文庫)

ドッグカフェで甘いバイト生活 (幻冬舎ルチル文庫)

特にやりたいことが見つけられずに、またバイトの面接にも落ちた大学生の翔太郎は近くのドッグカフェで憧れの大型犬白くてもふもふなグレートピレニーズに出会う。飼い主でカフェのオーナー佐和田からバイトに誘われ喜んで働き始める。犬と接しながら働けるなんてと思っていたが、決して楽ではないその仕事に、改めて佐和田を尊敬し、かつ甘やかしてくれることに心地よさを覚えていたが、ある日事故があって軽い捻挫だが怪我をしてしまう。心配してくれる佐和田から翔太郎は好きだと告げられ。


いいのかおい。とっこみたくなるような曖昧さで佐和田からの告白を受けてOKしてしまう翔太郎。
佐和田も何がっついてんだという勢いで体をつなげようとするけど、なにこの展開。
なんか両想いなのはいいとして、もう少し余裕もて。
大人のテクを駆使して翔太郎をメロメロにしてから入れましょう。
とても痛そうで、頑張って佐和田のことが好きなんだから気持ちよくなるはず、と少しの快感を拾おうとしてるところが、えー、と。

そこまでの自分探ししてるとことか、スノーにもふもふしてるとことかはなかなか面白く詠んだのに、エッチして次の日に痛みの中幸せを噛み締めるということで終わり。終わりー?

なんか翔太郎の具体的な将来をもちっとあったら引き締まったのに。
自分のやりたいことみつけます!で終わるのはなんかなー。
オチがない落語のようでした。